Skip to main content.

Friday, June 01, 2007

コミュニティとしてのFieldlingの良さを,参加者に聞いてみました。

  • 何でも気兼ねなく聞けるところ。色々なアイディアを持った人がいるところ。(D.Eさん)
  • 一番を選ぶのは難しいですが、あえて選ぶとすると他の大学の人と交流する機会がもてることです。地方の大学 (院生の数も少ない) にいると、そういう機会がまったくないので本当にありがたいです。とくにわたしの出身講座は新設講座で悩み事を相談できるような先輩もいないので中山さんという先輩ができたのも嬉しいです。(Y.Nさん)
  • それぞれが一次データを持っていて、議論は真剣、飲み会はユーモアと優しさに満ちているところ。(M.Nさん)
  • 同世代の仲間が何にいま関心を持っているのかが見える。(オンラインでも見えるし,研究会で顔をあわせるともっと分かる。で,似たような関心を持ってる人がいると同じ同じ!とちょっと安心する)(Y.Yさん)
  • 文法スケッチなどのワークショップに参加すると自分がいかに○○語学に規範的なのかがよーくわかる。(Y.Yさん)
  • 朝まで飲める。合宿楽しい。ワークショップなどに参加すると勉強しなきゃなあ、と思う。(Y.Yさん)
  • 研究のことを相談できるともだちが増えました。(Y.Yさん)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Global Navigation

AACoRE > Projects > Fieldling
ILCAA