Skip to main content.

Saturday, April 24, 2010

今年度第1回目のイベントとして5月8日(土)に「Fieldlingとーくバトル」を行います。

Wednesday, May 20, 2009

とき 2009年5月17日(日)10:30-17:30
ところ 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
参加者 中山俊秀,渡辺己,下地理則,長崎郁,永山ゆかり,麻生玲子,今西一太,江畑冬生,蝦名大助,海老原志穂,大塚行誠,鍛治広真,児倉徳和,塩田勝彦,辻笑子,張盛開,富田愛佳,長渡陽一,新永悠人,野島本泰,野瀬昌彦,山越康裕,吉村大樹,(スカイプ参加:松本亮)

プログラム
司会進行 今西一太

午前の部 (10:30-12:30)

1. 自己紹介
2. Fieldling趣旨説明(中山俊秀)
3. 各班より昨年度の活動報告
* 連絡調整班(山越康裕)
* Grammar Writing班(大塚行誠,下地理則)
* ToolboxWS班(海老原志穂)
* トピックレスWS班(野瀬昌彦)
* ウェブサイト班(児倉徳和,永山ゆかり)
4. 2009年度の運営体制について(長崎郁)
5. 質疑応答

午後の部 (13:30-17:30)


1. LingDyについて(渡辺己)
2. LingDy若手支援プログラムのプロジェクト紹介
* 「言語類型論的視点に基づく文法概略記述のための調査研究」(山越康裕)
* 「少数言語の言語資料のデータベース作成とオンライン公開」(長崎郁)
* 「琉球語諸方言の研究成果および研究資料の幅広い公開・利用に向けて」(下地理則)
3. 2009年度のプロジェクト(研究活動計画)立案


総会2009

Tuesday, April 07, 2009

ちょっと遅れましたが,第2回テキスト集作成プロジェクト研究会の報告です。

日時:2008年12月20日(土) 10:00-14:00
場所:アジア・アフリカ言語文化研究所セミナー室(301室)

Tuesday, February 24, 2009

昨年度にひきつづき、ロンドン大学SOASより2名の講師を迎え、ワークショップを開催しました。

Monday, October 20, 2008

第1回トピックレス研究会
日時:2008年10月18日(土) 13:00-15:30
場所:アジア・アフリカ言語文化研究所

発表者:
  • ジンガン「モンゴル語の動詞語尾-laaと-jeeについて」
  • 海老原志穂「「食べるもの」と「食べたもの」―チベット語アムド方言の場合」
  • 今西一太「アミ語の時制と相」
  • 大塚行誠「ティディム・チン語における2つの動詞語幹」
  • 張盛開「漢語方言の位置づけについて」
  • 下地理則「少数言語の記述文法書をどう書くかー琉球語の場合」
  • 山田祥子「ウイルタ語のコピュラ文における人称標示について」
  • 林虹瑛「閩南語の「共」について」
  • 鍛冶広真「エウェン語における色彩に関する語彙について」

Wednesday, February 20, 2008

ロンドン大学SOASより2名の講師を迎え、ワークショップを開催しました。

目的 言語のドキュメンテーションに関する諸問題・留意点について考えると同時に,研究を支える学問的・記述的知識を身につける
講師 Peter Austin, David Nathan (SOAS, University of London)
とき 2008年2月14日(木)~17日(日)
ところ 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 
協力 Hans Rausing Endangered Languages Project

Tuesday, March 06, 2007

2007年3月4日・5日の両日、中山俊秀、永井佳代、永山ゆかり、山越康裕、鍛治広真、児倉徳和の6氏が参加してfieldlingの合宿が行われました(永山さん、合宿の手配ありがとうございました!)。合宿地は武蔵境から中央本線で一時間弱の「陣屋温泉」でした。

Sunday, October 01, 2006

文法スケッチ

『文法を描く』は「文法スケッチ」プロジェクトによる論集です.2006年9月に第1集が刊行されました.第1集には10の言語の記述が収められています.現在は第2集の編集作業が進行中です。

Fieldlingのメンバーがそれぞれ専門としている言語について,20~30ページを目安にその概略をまとめました.言語の概略,音声・音韻,形態論,統語論,テキスト資料,という執筆項目をそろえることにより,複数の言語を比べて見るのも容易にしました.また,論集全体として用語の統一を図り,専門家だけが使う特殊な術語をなるべく用いないようにすることで,専門外の人にも分かりやすいようにしました。

執筆陣は,実際に現地に赴いて言語調査を行っています.「言語の概略」の章には,言語の使用状況など,現地で得られた最新の情報が詰まっています.「テキスト資料」では,各言語の短い物語などを置き,詳細なグロス(文法的情報)を付けました.このテキストを眺めるだけでも,接尾辞をたくさん使う言語や一つの形態素に文法情報がいっぱい詰まっている言語など,その言語の特徴を「視覚的」にも捉えることができます。

なお,表紙・裏表紙のデザインには実際のフィールドノートが用いられています.是非手にとってみてください!

編著者 江畑冬生(東京大学大学院人文社会系研究科言語学研究室)

Tuesday, February 21, 2006

2006年2月19日から20日にかけて、1泊2日で第1回のフィールドリング合宿を行いました。合宿の地は青梅市御岳の山頂に位置する、江戸時代より続く由緒ある宿坊です。合宿の参加者10名は、東京外国語大学で行われた文法スケッチの会合終了後、ガタンゴトンと電車に揺られ、バスに乗り継ぎ、さらに御岳山の急勾配をケーブルカーで上り、合宿地をめざしました。


Global Navigation

AACoRE > Projects > Fieldling
ILCAA