Skip to main content.

Friday, June 01, 2007

若手(自称を含む)研究者の皆さんへのメッセージです。

  • フィールド系の若手が参加しているプロジェクトがあります。研究会とか出版活動とかをやっているばかりか、そのための旅費も出してくれというありがたいプロジェクトでほかの大学の人ともしりあえるし、すごく面白いです。参加してみませんか?(Y.Nさん)
  • フィールドリングっていう不定期な「研究会」みたいな会があるんだけど、誰かの発表をずっと聞くとか、本を読むとかじゃなくて、それぞれが調査したデータをもとに、みんなでテーマに沿って考えるの。だから、分析のヒントをもらえたり、他の人の発表からヒントを得たりと、短期集中で疲れるんだけど、すごい進歩とともに帰宅できるよ。今度参加してみる?(M.Nさん)
  • これから記述研究したい、フィールドに出たいけど不安という人は、Fieldlingで録音のこととかフィールドノートのこととか,技術的な情報交換ができるよ!自分が入りたい調査地の近くに行ってるセンパイに現地情報を詳しく教えてもらえるはずだよ!(Y.Yさん)
  • すでに記述研究を始めてる人は、大きな講座に所属している人は年に1度くらいしかゼミで発表する機会がないでしょうし、小さな講座に所属している人はいつも同じメンバーで似たようなテーマで何回もゼミやっててつまらないかもしれません。Fieldlingでは同じ記述をしている悩みを共有したり、違う視点をもった人と研究会をすることで視野がひらけます。(Y.Yさん)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Global Navigation

AACoRE > Projects > Fieldling
ILCAA