Skip to main content.

Friday, June 29, 2007

みなさん、フィールド準備は進んでいますか?わたしは今年は時間の制限があるためアクセスのいい村に2週間だけ行くことにしました。

憂鬱な飛行機待ちもいらないし、ビザだって観光ビザでいいので気が楽です。あんまり楽すぎて、準備しなきゃっていう緊張感がないのが困りものです。

今回もシギの話です。

◇◇◇ 雨漏り ◇◇◇

昔の人から聞いた話。昔の人たちは敵のことをすごく恐れていたそうだよ。

あるとき旅人が古い廃屋に泊まろうとしていたら、突然シギが屋根の上を飛びまわりはじめた。

「敵がきてるみたいだね。シギがあんなにぐるぐる飛びまわってるよ」
「どうしようか」

いちばん年のいったものが口を開いた。

「部屋の角にひとりずつ座ろう。そしてこうやって一粒ずつハイマツの実をかじって、雨漏りがしているみたいにすればいい」

みんな部屋の角に1人ずつ座った。

やがて敵がやってきて、屋根の上の入口から覗きこんで中の様子をうかがった。

「雨漏りがしているな。こんな家は放っておこう」

そういって敵は行ってしまった。

やがて夜が明けて明るくなったので、みんな逃げてしまった。

おしまい。

(2000年9月16日 タチヤナ・ゴリコワ氏より採録 永山ゆかり)

半地下住居の模型 (全景)

半地下住居の模型 (上部)

半地下住居の模型 (断面)

写真はすべて網走北方民族博物館で撮影。

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Global Navigation

AACoRE > Projects > Fieldling
ILCAA