Skip to main content.

Archives

This is the archive for 01 October 2006

Sunday, October 01, 2006

文法スケッチ

『文法を描く』は「文法スケッチ」プロジェクトによる論集です.2006年9月に第1集が刊行されました.第1集には10の言語の記述が収められています.現在は第2集の編集作業が進行中です。

Fieldlingのメンバーがそれぞれ専門としている言語について,20~30ページを目安にその概略をまとめました.言語の概略,音声・音韻,形態論,統語論,テキスト資料,という執筆項目をそろえることにより,複数の言語を比べて見るのも容易にしました.また,論集全体として用語の統一を図り,専門家だけが使う特殊な術語をなるべく用いないようにすることで,専門外の人にも分かりやすいようにしました。

執筆陣は,実際に現地に赴いて言語調査を行っています.「言語の概略」の章には,言語の使用状況など,現地で得られた最新の情報が詰まっています.「テキスト資料」では,各言語の短い物語などを置き,詳細なグロス(文法的情報)を付けました.このテキストを眺めるだけでも,接尾辞をたくさん使う言語や一つの形態素に文法情報がいっぱい詰まっている言語など,その言語の特徴を「視覚的」にも捉えることができます。

なお,表紙・裏表紙のデザインには実際のフィールドノートが用いられています.是非手にとってみてください!

編著者 江畑冬生(東京大学大学院人文社会系研究科言語学研究室)

Global Navigation

AACoRE > Projects > Fieldling
ILCAA